シーズの新卒採用を紹介しますよ!【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】 |株式会社シーズ - 岡山、広島、福山の人材サービス会社

お電話でのお問い合わせ平日(9:00~18:00)

0120-887-090

シーズの新卒採用を紹介しますよ!【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】 - 株式会社シーズ|岡山、広島、福山の人材サービス会社

シーズの新卒採用を紹介しますよ!【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】

 こんにちは、株式会社シーズ人財開発チームの中村愛美です。
happy
 前月よりスタートした【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】。私の想像以上に多くの方にご覧いただいたようで…個別に「中村さん読みましたよー」なんてご連絡もいただいたりして、大変嬉しく感激しております!実は、この記事連載はシーズ代表の平川の発案でして。こんなのやってみたら?と言われたときは、正直なところ「私の記事連載なんて始めたところで、誰が読むのかしら」と思っていましたが、いざ始めてみたら、意外にも皆様チェックしてくださるだけでなく温かいエールまで…!感激!!
 単純な中村は俄然燃えてきました。…という訳で、今月も人事奮闘記、始まります、ぱちぱち。

第一回連載の内容はこちら
⇒【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】自己紹介

今回のテーマは、新卒採用!

走り出すビジネスマン
 前回は働くママの話でしたが、今回は人事担当として、新卒採用についてズバッと紹介します、はい。
 シーズでは、毎年必ず新卒採用を行っています。フレッシュかつ優秀な新規学卒者が入社することによって、入社2・3年目の若手社員は後輩たちに恥じぬよう成長しようと意欲を高めます。それが、その上の中堅社員たちの、またその上の幹部社員たちの起爆剤となり、ゆくゆくはそれが会社の発展へと繋がります。このような新卒採用の効果を実感しているため、シーズではたとえ人員が充足していたとしても積極的に新卒採用に取り組んでいます。とは言っても、もちろん、クライアントの企業様に「新卒採用しましょう!」と啓蒙している会社として、新卒採用をしないわけにはいかないという事情もありますよ。
 そんなシーズの2018年卒採用、先月をもってひとまず終了となりました。私は4月復帰だったため、正直なところ、2018年卒採用にはほとんど携わってはいません。ただ、2019年卒採用は私中心で進めていくにあたり、2018年卒の実績などをひと通り検証してみました。
 ということで、今回の記事は2019年卒採用を始める企業様の少しでも参考になればと、シーズの2018年卒採用の実績をお伝えしていきます。

シーズの新卒採用体制

 …本題に入る前に、シーズの新卒採用における体制について。
 シーズはもともと、私が復帰するまで人事部がなかったもので…新卒採用はどうしていたかというと、採用シーズンに入ったら、各部署からメンバーを集めて採用チームとして活動していました。つまり、日頃は営業している社員が採用担当者として合説ブースに立ったり、いつもは事務の人が単独会社説明会のスタッフをしたりと、採用チームのメンバーは各々通常業務を抱えながら採用業務も行うという形でした。
 まぁシーズのような規模感の企業ではよくある話ですよね。とにかくシーズでも二足のわらじスタイルで採用活動をする状態から脱却せねばということで、この度私が人事採用担当者としてシーズの採用を取り仕切ることになったのです。2019年卒採用から中村主導で採用活動に取り組みますので、乞うご期待!

「母集団形成」がとても重要

 で、いよいよ本題のシーズの2018年卒採用の実績について。
 2018年卒採用は結論から言うと…優秀な人財に出逢うことができ、かつご縁をいただけて、大成功だったのではないかと思います。
 現在3名の学生さんに内々定をお出ししており、その内訳は岡山本社で2名、広島支店で1名です。ちなみに男性2名、女性1名です。皆さん、とっても優秀な方々で、オバサン中村は冷や汗をかいております、はい。入社に至った際に抜かされないように、ちょっと頑張らないとって感じです。(もちろん今後、内々定・内定辞退ということもケースとしては考えられるので、一概には言えませんが…)
 では、成功の要因は?

doubt
というと、2018年卒採用では、今まで以上に「母集団形成」に力を入れたことが大きいのではないかと思います。
 就活解禁後のイベント参加数も例年より増やしましたし、解禁前に開催するプレイベントにも精力的に参加しました。プレ期間は、学生さんの個人情報の取得は、当然できませんが、この期間は、「学生さんにシーズという会社があることを知ってもらうこと」や「学生さんに就職支援のツールを提供している会社という認知してもらうこと」、さらに「働く場所としてシーズを学生さんたちに意識してもらうこと」を目標にして、活動し母集団形成に努めました。
 「プレの段階でも活動するの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、会社に対する学生さんの認知度をプレ期間中にいかに高められるかが、解禁後、実はとても重要になります。特に昨今は、売り手市場が長く続き、合説に学生さんの足が遠のいている現実があります。そんな状況下で、まったく学生さんとの接点を持たないまま、解禁後いきなり合説に出ても、素通りされてしまいます。(もちろん、有名企業は別ですが…)しかも、解禁直後の3月に行う合説は、1度の合説に100社を超える企業が参加する機会も多い中、学生さんが1回の合説で周れる企業ブースの数は多くて10社前後です。「この企業の話を聞きたいな」、「この企業ブースに行ってみようかな」という気持ちを学生さんに持ってもらえないと、お金を出して合説に参加したところでブースに全然人が来ない…
sad
ということになってしまいます。
 一方で、プレ期間に学生さんと接触して、関係作りができていたなら、合説会場で出展企業のリストを見たときに、「あ、プレイベントで話した○○さんの会社だ!」と思ってもらえます。そこが第一歩です。プレ期間は、種まきの時期です。シーズ2018年卒採用の成功のキーもこのプレ期間にあったのではないかと思っています。
 さらに、解禁後は、オカジョブ・ヒロジョブ合説以外の他の就職情報サイトさんが開催している合説にもいくつか参加をさせていただきました。合説参加回数を増やすことは手っ取り早く接触学生数を増やせる方法であり、これも母集団形成を行う上で、大きな役割を果たしました。

学生さんと接触できるイベントでは、求める人物像を「想像」できるようにする

学生の志向
 学生さんと接触できるイベントでは、「こんな人財が欲しい」、「こんな人財が現場で活躍している」というイメージを学生さんに持っていただくために、求める人物像に近い社員を積極的に表に出しました。というのも、会社紹介で「求める人財」をテキストで紹介しても、学生さんは頭で理解はできても、イマイチ想像できなかったりします。ですので、シーズでは2018年卒の募集職種は営業職が中心だったこともあり、第一線で活躍している営業マンや営業ウーマンたちにイベントにバンバン参加してもらいました。(もちろん、イベント外でも、求める人物像が想像できるように、サイトでの見せ方などにもかなり工夫をしました。)
 この結果、多くの母集団のなかから厳選し、本当に優秀だと思える3名の方に内定をお出しすることができました。力を入れていた母集団形成についても、2017年卒と2018年卒で、エントリー者数は昨対+50名、イベントについても解禁後イベントでの接触人数は昨対比195%に増えました。単独会社説明会の参加人数についても昨対比20%増を実現しています。
 また、有難いことに山陽新聞〔2017年4月12日朝刊〕の希望就職先ランキングで15位にランクインすることができました。こう書くと、本当に大成功だったなと改めて思いますね、はい。
 ちなみに、詳しい数値実績は、オトナの事情でこの場でお伝えすることはできないのですが…気になる方は、ぜひぜひお問い合わせフォームからシーズの採用実績知りたいです!とご連絡ください。レスポンスさせていただきます!

⇒シーズの2018年卒採用の詳しい数値実績について問い合わせる

採用にかかるコストの話

コスト可視化
 ここの話、気になりますよね。
 シーズでは、採用にかける手間はもちろんですが、費用もかなり掛けており、1名の採用単価は200万を超えます。3名採用となると…結構な額です。
 ただシーズの場合、採用は経費(コスト)ではなく【投資】と考えています。
 真剣に採用活動に取り組むと、良い人財が採用できるだけでなく、

・自社に採用ノウハウが残る
・若手の人財育成方法のノウハウの蓄積につながる
・採用活動によって会社の知名度も上がる
・今の学生のニーズが分かる

など、シーズの提供するサービスや社内体制をより良くするために必要な情報が副次的に得られます。
 各社様で考え方は様々かと思いますが、シーズは真剣に採用活動に取り組むと、新卒採用は十分に投資に見合うと効果が出せるものと考えています。
 だからこそ、シーズは、より一層、採用活動に真剣になりますし、クライアントの企業様の採用活動も真剣にサポートさせていただいております。

内々定者へのフォローも大切

 さて、今後の課題は、内々定者3名の辞退防止ですね。今後のフォローとしては、内定式の開催と社員との懇親会などで親睦を深めると共に、アルバイトとして就労体験や主催するオカジョブ・ヒロジョブ合説などへの見学などを予定しています。また、入社前研修、そしていまシーズで活用しているeラーニングの受講なども考えています。(eラーニングについては別の機会にガッツリお話ししたいと思います)
 もちろん、学生の間は学業優先ですし、せっかくなのでご友人としっかり遊んで、たくさん思い出作ってほしいなと思います。卒業旅行は海外とかドンドン行っちゃってきてください。私は金欠で国内旅行だったので、今でもそれを軽く後悔しています…内々定者のお三方には私のような後悔を残さぬようしっかり遊べとお伝えしようと思います、はい。

2019年卒採用に向けて☆

 2018年卒採用はひとまず終結しましたが、次は2019年卒採用ですね!シーズも絶賛インターンシップ準備中です。今年採用活動における中村の個人的な目標は、ズバリ!山陽新聞の希望就職先ランキングTOP10入りです。
 この実現に向けて、ついに9月から本格始動しますよー!その内容もまた記事連載等でお伝えできたらと思います。乞うご期待!
happy
 ちなみに、今回お伝えした内容を含むシーズの新卒採用のノウハウを一冊の資料にまとめた新卒採用メソッドはこちらからダウンロードできます。興味がある方は、ぜひ見てみてくださいね~~!

シーズが創業より提供している新卒採用支援サービスで蓄積したノウハウを一冊の資料にまとめました。
⇒ダウンロードはこちらから!