2018 年、人事担当の中村がしたい5つのこと【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】 |株式会社シーズ - 岡山、広島、福山の人材サービス会社

お電話でのお問い合わせ平日(9:00~18:00)

0120-887-090

2018 年、人事担当の中村がしたい5つのこと【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】 - 株式会社シーズ|岡山、広島、福山の人材サービス会社

2018 年、人事担当の中村がしたい5つのこと【働くママ&シーズの人事担当、中村愛美の人事奮闘記】

こんにちは!株式会社シーズ人財開発チームの中村です。
happy

遅ればせながら…明けましておめでとうございます!いやーついに2018年ですね!

私が職場復帰してもうすぐ一年になります。仕事に育児に家事に本当にバタバタの毎日ですが、たくさんの方のサポートがあってなんとか大きな問題なく、日々を過ごせています。本当に感謝感謝ですね。

愛息ももう少しで2歳。
すでにイヤイヤ期の兆候がガッツリ見られるようになりました。いまや中村家のお殿さまです。

殿はいままでは食いしん坊で何でも喜んで食べていましたが、今となっては…
白いご飯は「ヤ!」 お茶も「ヤ!」 この野菜は「ヤ!」 など、 「ヤ!」の連続です。
特に野菜が高騰している昨今において、野菜の好き嫌いは本当に辛い…。価格変動が少なく使い勝手の良い『豆苗さん』が中村家では大活躍だったのですが、今では豆苗が入っていたら殿はそのおかずを全く食べません。
殿は高いお野菜をご所望とあるか!うぅ、グルメになりおってー!と主人と一緒に嘆いております。

まだまだイヤイヤ期は続く模様。でも、これも成長の証…ということで、お互いに適度に息抜きしつつ。「まぁまぁいつかは落ちつくわー」と、のほほーんとした気持ちで過ごしていきたいと思います。

さて、前置きはこのぐらいにして…そろそろ新年一発目の人事奮闘記、スタートです!

 

2018年、中村始動。

2018年初っ端の記事なので、何を書こうかなと迷いましたが。人事2年目に突入する2018年、中村がどんなことをしていきたいかなどの抱負を、徒然なるままに書いていこうと思います。

ズバリ!今回のテーマは<2018年、中村がしたい5のこと>

 

2018年、中村がしたい5のこと。

2018年

ということで、会社から私のミッションとして課されているものはもちろん、個人的な目標も含めドンドン紹介していきますよー!

 

その1   人事評価制度をゴッソリ改定したい

評価

人事の業務は、<人事企画><人事採用><教育研修><評価><労務>などにカテゴライズされますが、今年最も私が注力すべきなのが<評価>の部分です。

現在のシーズは、役割責任基準書をベースに評価を半期に一度評価を行っています。

役割責任基準書とは、職位や等級、各等級の給与テーブル、それぞれの職能要件などが一覧になったもの(下図)。

役割責任基準表イメージ

しかし、今使っている役割責任基準書は今から約3年前に作成したものでして…
当時には無かった部門や職種も多くあり、この基準に乗っかって評価をすることが正直難しくなっていました。また、職能要件の部分がすべての職種に通ずるように作成しているため、どうしても抽象的になってしまっている箇所があり、「具体的に何をすれば、できるようになれば昇級するのかが分からない」という社員の声もありました。

もちろん会社として上記のようなポイントを解消できるよう改定に取り組んではいましたが、中々スムーズには進まず…
それが、この1月から外部の力をお借りしながら、本格的に人事評価改定および新制度の定着・安定運用に向けて始動することになっています。

その具体的な内容は別の記事でご紹介する予定ですのでこの場ででは割愛しますが…必ずもっと良い制度になる!社員のモチベーションUPにつながる!という確信があるので、これからスタートする改定プロジェクトに不安ももちろんありますが、同じぐらいドキドキワクワクしています。

また詳しくはご報告できる形になったら改めてご紹介しますね
happy

 

その2   新卒採用、ガッツリやりたい。いえ、やります!

新卒採用

2つ目は新卒採用について。いよいよ2019年卒採用活動が本格的に始動します。

先日、1月から4月頃までに参加する就職イベントを列挙してみました…するとまぁ、すごいことになっていました!
2月2週目から3月末まで、オカジョブ・ヒロジョブ・カガワジョブはもちろん、他社の就職イベント、学校さんで開催するイベントなども毎日のようにあり、スケジュールがぱんぱん!

…うふふ、テンションハイになりますね~~。ついにきたか、この時期が~~。

いやはや、こんなに就活イベントに参加させていただけることは本当に有難いことですね。1つ1つのイベントで学生さんの出会いを大切にしていきたいと思います。

この記事をお読みいただいている皆様にも、そういった場でお会いする機会も多くあると思います。シーズブース滑舌悪いプレゼンテーションをしているのは、私です。中村です。皆様、ぜひぜひお声がけください。

 

その3 eラーニング、を効果的に活用したい

eラーニング

実は昨年からeラーニングを使った体系的な研修を実施しています。

シーズでは4年ほど前からeラーニングの仕組みを導入していましたが、ぶっちゃけ、なかなか浸透していませんでした。
というもの社員への案内の仕方も、こういう仕組みあります、約100のコンテンツから好きなものをいつでも受けてくださいねーといったもの。導入してすぐは「へーいいね!」「受けたい!」という声があったものの、すっかり風化しちゃっていました。

それを昨年から評価制度に紐づいて、この等級の人はこのようなeラーニングのコンテンツ受講を推奨しますといったカリキュラムを作成。たとえば、一般社員のスタッフに属する社員が1つ上の職位であるリーダーになりたい場合、こういうコンテンツを学習してほしいということを提示するようにしました。

さらに、シーズの取扱商品・サービスに対する理解度や業界に関する知識を問うためのシーズ理解度テストを実施。私が400満点の壮大なテストをeラーニング上で作成し、社員が各自のPCやipadで受験できるようにしました。これ、意外と盛り上がりました。問題作る側もやる側も大変でしたが。

これらは昨年からの取り組みで、まだまだやり方など改善すべき点もありますが、やっとeラーニング活用のスタートラインに立ったかなと。

今後は、新人研修のなかで映像教材にして差し支えないものは、録画の上、eラーニング上で視聴できるようにしていこうと目論見中です。今は中途採用者が入社するたびに、各部門の事業紹介、商品に関するレクチャーを担当者が入れ替わり立ち替わりで、あわせて毎回20時間以上しているので…必要な情報はきちんと伝えながらも、もっと効率的に方法でできないか模索します。

 

その4 社内の業務マニュアル作成も進めるぞーー!

マニュアル

そうだ、業務マニュアルの作成も忘れてはいけない…。

実は、シーズの業務マニュアルはまだまだ未整備の部分が多く…
というのも、各担当者が自身の業務内容について作成しているものはあっても、会社を挙げて一斉にマニュアルを作ろう!整備しよう!という取り組みがほとんど進んでいなかったので、フォーマットも内容もそのレベルもバラバラ。どんなマニュアルがあって、それがどこに格納してあるのかも、担当者しか知らない・分からないといった状況でした。

 

マニュアルによって仕事の進め方やノウハウを属人化することなく、一定のレベル以上で画一的なサービスの提供ができる、教育の場面で活用できるなど…その必要性は十二分に理解しています…しています…していたのですが…!
正直、日々の業務を優先するあまり、なかなか進められていませんでした。
sad

しかし、働き方改革に伴い 【限られた時間で最大限の成果を出す】 ための方法を、これまで以上に加速度的に追求していかなければならない。そのために業務を整理する、もっと効率的な業務の進め方を追求する、各人が業務を進めるなかで確立しているノウハウを共有する、業務を標準化するべきで、そのためにマニュアルは必要不可欠といえます。

また、マニュアルを整備することによって、社員が仕事の全体像が俯瞰できるようになり、この仕事は何のためにやり、何をしなければいけないのかを理解しやすい状況になります。もちろん、新人教育時のテキストとしても活用できます。マニュアルを整備することで社員の育成や人事評価にも一定のモノサシができるのです。

 

というわけでシーズのマニュアル整備について中村が舵をとって進めることになっております。フォーマットを統一して、部門に関わらず同じ粒度のマニュアル作成に挑みます!
0から作ることは難しく、時間も要しますが、マニュアルは一朝一夕ではできないもの。
適宜アップデートをしていく必要もあり、長い道のりになりますが、週に最低3時間はマニュアル整備を進める集中タイムを設け、コツコツを進めていきます、はい。

 

その5 ソーシャルサポートを得られる働くママとなる

ソーシャルサポート

これは中村の個人的な2018年の抱負。

シーズには20個の基本行動指針(ヴァリュー)というものがあります。

⇒シーズの企業理念(ミッション、ヴァリュー)

 

19.ソーシャルサポート

私達はソーシャルサポートを得られるように努力し、全ての能力を十二分に発揮します。

 

毎朝朝礼で20個のヴァリューうち1つを唱和していますが、このなかで2018年の中村のキーワードは【ソーシャルサポート】かなと。

 

ソーシャルサポートとは<社会的関係の中でやりとりされる支援>のことを指します。職場において考えるならば、周りの社員からのサポートのこと。

多くの中小企業の人事担当者は何かと兼務しながら人事業務に従事していたり、人事といっても私のように専任の人間が1人しかいなかったり。

そんな状況下で、会社の根幹に関わる<人事企画><人事採用><教育研修><評価><労務>などの業務を滞りなく進めなければなりません。それには、部門を越えた協力・サポートを得られないと成立しない事柄も多くあります。

特に私は小さな子どもを抱えている分、子供の都合で急に休みを取ってしまったりと、尚のこと、周りに迷惑をかけてしまったり、協力してもらわなければならない事態に直面してしまいます。

そんな状況下で協力を得やすい環境を自分で作っていくことがこれからは本当に大切になるなと。
私の性格上、<誰かに何かを頼むよりも自分でやったほうが良い、早い>という感覚がこれまでも強くあったのですが、上記に挙げた1~4のことをしっかりと成り遂げたいなら、もっと周囲を巻き込んで、良い意味で周囲を活用しながら物事を進めていかねばならぬなと。依頼の仕方やタイミング・時期など、周りの人に協力をしてもらいやすいような工夫をしていきたいと思います。

 

サポートというものはギブアンドテイクです。
サポーターを得たいなら自分も人のサポーターでいなければならない。今後、繁忙期にガッツリ突入するがゆえに、物理的なサポートをすることが難しいときも、せめて精神的なサポートになれるよう行動していきます。

2018年は相互的な協力関係を社内外問わずたくさん築いていくこと、これを中村の抱負としていきます!

 

2018年もよろしくお願いします!

以上、中村の2018年にしたい5つのことでした。

今年は人事としての幅をもっともっと広げていきたいと思っています。
この人事奮闘記もより充実した内容でお送りしたいとおもっていますので、2018年もシーズを、それ以上にこの中村を、皆様よろしくお願いいたします。

これにて、今回は終了!
今回、文字数少なくなっちゃうんじゃない?と思っていましたが、なんだかんだ4,600文字も徒然しちゃいました。案外長くなりましたね。。。

次回は2019年卒採用解禁直前!
ということで、就活イベント参加時の極意?なんかを書いていきます~~お楽しみに!