中国新聞〔9月11日朝刊〕に弊社の記事が掲載されました |株式会社シーズ - 岡山、広島、香川の人材サービス会社

お電話でのお問い合わせ平日(9:00~18:00)

0120-887-090

中国新聞〔9月11日朝刊〕に弊社の記事が掲載されました - 株式会社シーズ|岡山、広島、香川の人材サービス会社

中国新聞〔9月11日朝刊〕に弊社の記事が掲載されました

経団連の採用ルール変更による就活の長期化、内定辞退増加について、 弊社広島オフィス所長 千田清貴のコメントが掲載されました。

以下、抜粋

======================

就活は長期化  そもそも経団連に採用日程のルール変更を要請したのは、大学側の意向を受けた 政府である。学業への影響を抑えるため、就職活動の早期化を是正する狙いだった。 しかし、経団連会員以外の中小企業などにも選考開始を8月以降にしてもらう手だて が講じられていなかった。多くの中小企業からすれば、例年通りのスケジュールで 採用活動をしたという立場である。  中小企業でも、大手企業のルールに沿って採用の日程を遅らせたケースもある。 だが、採用コンサルタントのシーズ広島営業所(中区)の千田清貴所長は「8月に選考 をはじめ、学生が全く集まらないと嘆く企業もある」と明かす。  短期決戦のはず就活はさらに長期化の様相を帯びている。就活の早期化を懸念して いた広島県内の大学からも「8月に選考を解禁して10月に内定を出す日程は現実的では なかった」「学生も企業も混乱した」というた声が聞かれる。

======================

※中国新聞 2015年9月11日朝刊掲載

 

1442394884_1